1.5次会・オリジナルウェディングを行う際のプラン・会場選び相談におすすめのプロデュース会社をランキング形式でご紹介!

カフェでも1.5次会をおこなうことができる?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/06/03

ゲストを少人数にした、アットホームな披露宴パーティーを挙げるカップルは珍しくなくなりました。

パーティーの一部は1.5次会とも呼ばれています。

ここでは、カフェでもおこなえるのかを解説していきます。

会費の相場などもあわせて説明するので、よかったら会場選びの参考にしてください。

 

2次会と披露宴の中間的なパーティーが1.5次会

1.5次会は、2次会と披露宴の中間的な位置づけとなるパーティースタイルのことです。披露宴は昔ながらのパーティーなので、現代ではやや格式が高いのが特徴です。

それに対して披露宴後におこなわれる2次会はカジュアルな飲み会のような雰囲気になります。この2つを足して割ったような雰囲気が、1.5次会の特徴と言えるでしょう。

堅苦しくない雰囲気の中で、親しい人たちに結婚を祝ってほしいと考えるカップルにぴったりです。一般的に、ゲストは親族やごく親しい友人などを主として少人数に絞り、挙式後にお披露目会やお披露目パーティーと銘打っておこなわれます。

特に、海外挙式を挙げたカップルや、親族のみで挙式を挙げたカップルに選ばれる傾向にあります。また、大げさな披露宴は挙げたくないという離婚経験者や、出産時期が近いカップルにもおすすめできるスタイルです。

披露宴のようにタイムテーブルが決まっているわけではないので、新郎新婦の思うとおりに進行できることが人気の理由かと思います。セレブのように、芸能人やミュージシャンをゲストに呼んで演奏などを披露してもらうことも可能ですし、例えばマジックなど、自分の趣味を披露してもかまいません。

多くのカップルは、ウェディングプランナーを付けずに、自分たちでパーティーの中身を練ります。しかし、決まりはないので、こだわりがあるのならウェディングプランナーなどに手伝ってもらってもいいでしょう。

ただし、確認しておきたいのは、両親や親族からの理解が得られるかどうかです。結婚のスタイルはその土地によって違い、費用をかけて盛大に祝うことを良しとする土地もまだ残っています。結婚はもちろん新郎新婦のものですが、両親や親族などに不快な思いをさせてしまっては、2人の門出に影を差すことになりかねません。

格式張ったことはおこなわず、こぢんまりとしたパーティーにしても問題ないか確認してから準備を始めると安心かと思います。

 

一部のカフェでは1.5次会がおこなえる

1.5次会がおこなわれる会場は、実にさまざまでしょう。専門の結婚式場やホテルはもちろん、レストランやカフェでもおこなわれますし、レアケースでは、カラオケ店というケースもあります。最も多く利用されるのは、レストランです。

カフェはまだまだ少数派ですが、おしゃれでカジュアルな雰囲気の中でおこなえることが受けています。ただし、どの店でもおこなえるわけではありません。

いくら1.5次会の基本が少人数だからと言っても、ある程度まとまった人数が座れるスペースがないと難しいからです。行きつけの店があるのなら、オーナーに頼めば特別に会場として使わせてもらうこともできるでしょう。

行きつけでなくても、気に入った店があるのなら、会場に使わせてもらえないか確認してみるといいかもしれません。都市圏では、1.5次会をおこなうことを前提に店作りをしたカフェも見られます。

そういう店ならパーティーメニューも豊富ですし、スタッフも対応が慣れているので、安心して任せられます。カフェウェディングを斡旋する会社もあり、一般的なウェディングサロンのように、結婚式の知識が豊富なウェディングプランナーに相談することが可能です。

一から自分たちで探してプランを練るのは大変という場合は、利用するのも一つの方法です。まずは相談会に参加して、カフェウェディングの概要を把握するといいかもしれません。

 

会費の目安はいくらくらいなのか

料理は、コース料理かビュッフェスタイルの2種類があります。ビュッフェスタイルのほうが、費用を抑えられる傾向にあるものの、ゲストのことを考えて選ぶことが大切です。

例えば足の悪いゲストがいたり、高齢の方が多かったりする場合は、ビュッフェスタイルでは大変な思いをさせてしまいます。ゲストに年配が多い場合はスタッフが配膳してくれて、少し格式高さが出るコース料理が適当でしょう。

反対に、子どもや若年層がゲストに多い場合は、ビュッフェスタイルが喜ばれます。好き嫌いに関係なく食べ物が選べて、和気あいあいとした雰囲気で食事できるのが魅力です。

1.5次会は一般的に、1万円~2万円の会費制でおこなわれます。ご祝儀制披露宴の半額以下でおこなうことも可能です。会費は店の設定によりますが、1万5.000円~2万円、1万円~1万5.000円、7.000円~1万円の3設定に分けて考えることができます。

会費設定が1万5.000円~2万円の場合は、フルコース料理が提供されることがほとんどです。レストランなどと比較するとリーズナブルなことが多いカフェでのフルコースとなると、ボリュームたっぷりの料理が出てくるかもしれません。

1万円から1万5.000円の会費設定になると、コース料理のこともあれば、ビュッフェスタイルか大皿料理になることもあります。大皿料理を用意していない店でも、頼めば対応してくれることがほとんどです。

大皿料理はビュッフェのように取りに行かなくても良く、冷めにくいため、人気があります。和気あいあいとした雰囲気で食事が進むため、ゲストに友人が多い場合におすすめです。

そして、7.000円~1万円の会費設定では、ビュッフェスタイルとなることが多いです。

費用を抑えた場合は、立食スタイルになることもしばしばあります。立食スタイルは、どうしても予算を抑えたい場合にだけ選ぶといいかと思います。その際も、ゲストの半数は座れるだけの椅子は用意してください。

会費制のパーティーは、あらかじめいくら持っていけばいいか明確なため、ゲストに気を揉ませる必要がありません。合理的だと評価する声も多いです。

ただし、会費の7割程度はゲストにお返しするつもりで、パーティー内容を考えてください。会費が高いのにフライドポテトとから揚げのようなメニューしか出なかったら、ゲストは不満を覚えます。

引き出物はプチギフトにするケースが多いですが、会費に対してグレードを決めると安心です。1万5.000円~2万円の会費を集めた場合は、プチギフトでは失礼に当たります。2.000円前後の引き出物を用意するのが適当です。会費が1万円から1万5.000円の場合は1.000円前後のプチギフトや引き菓子、7.000円から1万円の場合は500円程度のプチギフトでいいでしょう。

 

1.5次会の会場はレストランが選ばれることが多いですが、大型のカフェでおこなわれることもあります。店選びは、ゲストの年代や趣向なども考慮したいところです。

2人のためのパーティーであると同時に、ゲストが楽しむ時間でもあります。楽しんでお祝いしてもらうために、そして2人のよい思い出になるように、ぜひ工夫したプランを練ってみてください。

プランにルールはなく、全くの自由です。時間が作れない忙しいカップルやアイデアが浮かばないカップルは、従来のようにウェディングプランナーに相談するのも一案です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧