1.5次会・オリジナルウェディングを行う際のプラン・会場選び相談におすすめのプロデュース会社をランキング形式でご紹介!

1.5次会をおこなうまでの流れを知ろう

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/06/03

最近注目を集めるウェディングスタイルが1.5次会です。披露宴と2次会の中間なので1.5次会と呼ばれています。

従来のご祝儀制ではなく、行きたい人だけ支払う会費制がほとんどです。どんな人に対応したスタイルを選択できるのが魅力といえます。

食事もコース料理とから立食・ビュッフェ料理と好きなコースを選べます。

 

自由な形式でおこなえる

従来の結婚式は神前式や教会式などがあります。日本の伝統的なスタイルが神前式です。三三九度や玉串奉奠(たまぐしほうてん)などの儀式をおこなうので格調高い雰囲気が味わえます。神社やホテル・結婚式場の中にある神殿でおこないます。ホテルや結婚式場の中にある神殿でもおこなえる他、神社で式を挙げることも可能です。

神前式は古めかしいなどの理由で敬遠された時期もありました。しかし、最近では昔ながらの伝統的なスタイルが見直されつつあります。そのスタイルが新鮮という感じる若者も増えており、ひそかに人気を取り戻しつつあります。

教会式はキリスト教のしきたりにし従って、ホテルや結婚式場で挙式をおこないます。友人・知人・親族など多くのゲストに参加してもらえる点が魅力です。讃美歌を歌ったり、バージンロードを歩いたりと女性なら一度は憧れる王道のスタイルと言えます。

いずれも雰囲気は違いますが、従来の形式では親しい人だけでなく幅広い人を招待していました。その結果、付き合いのない親戚や会社の上司を招待しなくてはならない場合もあります。ゲストに失礼のないよう気を使う必要があるので、カップルによっては疲れるかもしれません。

また、親や親戚が格式ある形式を重んじることもあるでしょう。そうではなく自分たちのスタイルで式を挙げたいためのカップルには1.5次会が誕生しました。

多くの1.5次会ではご祝儀ではなく会費制を採用しています。会費制なら本当に大切な人だけを招待して気軽にパーティーを開けます。また、明確な金額があらかじめ分かるので予算が立てやすいのもメリットです。結婚式後につつましくパーティーしたい人、あまりご祝儀に負担をかけたくない人などにおすすめです。

 

会場を選んだらゲストに招待状を送ろう

流れとしては予算を決める前にまずは会場を選びましょう。専門の式場やホテルだけでなく、レストランやカフェなどさまざまな場所から選べます。1.5次会専用のプランもあるのでチェックすると良いでしょう。最近ではレストランが特に人気です。

フォーマルからカジュアルな雰囲気まで楽しめます。レストランなので提供される料理が一流なのも大きな魅力です。両親や親戚がしっかりとした形式にこだわるなら専門式場で開催するようにしましょう。結婚式のプロがいるので披露宴のような雰囲気でお祝いしてもらいたい方にもおすすめです。

高いクオリティーを求めるならホテルがおすすめです。控室やロッカーなどの設備が充実しており、食事等も豪華絢爛です。費用は高くかかりますが、最高の思い出にしたいカップルにベストといえるでしょう。

開催する場所が決まったら誰を招待するか決めます。友人や知人だけでなく、親や親戚を招待するかでも変わってきます。ゲストと面識があれば同テーブルにするように考慮しましょう。ゲストが決まったら招待状を作成して郵送します。メールでもいいですが事前に確認できる点で招待状をおすすめします。返信のことも考えて最低でも2ヶ月前まで発送しましょう。

招待状では費用・服装を記載したほうが役に立ちます。費用は会費制かご祝儀制、服装はカジュアルにするかフォーマルにするか記載しましょう。

 

1年前から余裕をもってプランを考える

会場探しなどの準備は1年前~数か月前からおこないましょう。特に人気の会場や時期であれば1.5次会といっても予約が確保しづらい場合もあります。

1年前に動き始めても全く損はありません。また、オリジナリティのあるスタイルで開催したいなら構想にも時間をかけたいものです。結婚披露宴でも2次会でもない、中間の1.5次会では自分らしいパーティーを希望するカップルも多いでしょう。

まずははっきりしたコンセプトを決めます。好きな雰囲気・季節などいろいろなことを書き出してみましょう。例えば2人に音楽の趣味があれば楽器をモチーフにしたり生演奏を披露すると面白いでしょう。招待状をコンサートのチケット風にするのもユニークです。大まかなコンセプトさえあれば、それを連想させる要素を取り入れれば統一感のあるパーティーになります。

パーティーを一緒に作るウェディングプランナーの存在も大切です。1.5次会には司会者・音響スタッフ・アテンドスタッフなど多くのスタッフが関わります。理想のパーティーを実現するには、スタッフとコンセプトを共有しまとめる人が必要です。それがウェディングプランナーの大事な役割となります。これまでと違い定型がないからこそ担当するプランナーの実績や経験が問われます。1年前からじっくり検討することで理想のスタイルに近づけます。

次に呼びたいゲストをピックアップしましょう。ゲストをリストアップしたら必ず招待したい人から順に優先順位をはっきりと分けます。

1.5次会に重要なのが費用です。特に料理のメニューはご祝儀制か会費制かで変わってきます。ご祝儀は1世帯あたり3万円と高額な費用となります。お返しとして着席のフルコース料理でおもてなしするといいでしょう。会費制なら1万円未満の場合はビュッフェスタイルにします。それ以上かかる場合はフルコースかビュッフェどちらかを検討しましょう。

それ以外に会場使用料・衣装代・会場使用料・音響照明などは通常の披露宴と同じです。もし披露宴のような派手な演出をしないならトータルの費用は抑えられます。引出物は必須ではありませんが、お菓子や贈り物はあっても良いでしょう。

決まれば招待状を送り、参加の意思があるかどうか早めに確認しておきます。ゲストのスケジュールの調整を考えて、2~3ヶ月前に打診しましょう。

衣装は式場が提携しているショップでレンタルするか、他でレンタル・購入して持ち込むかで変わります。衣装の持ち込みが可能かどうか事前に会場に聞きましょう。探す際はまず試着するために来店予約をします。試着して良い衣装が見つかれば、トータルで見積もり金額を算出します。1つのお店に来店するだけでも手間がかかります。複数のお店で試着したい場合は、同時進行でスケジュール調整をおこないましょう。

1か月前になるとおこなった打ち合わせが具体的な形となるため忙しくなります。リハーサルをおこない、最後の打ち合わせ・搬入の確認など1日の予定が大きく埋まることでしょう。なるべくその日におこなうリストを作成して情報の共有をしましょう。新郎新婦だけでなく、ウェディングプランナーとも共有して進行状況をお互いに確認します。

 

1.5次会はこれまでにはないカジュアルな雰囲気が魅力です。格式高くする必要がありませんし好きな人だけ呼ぶことができます。

しかし、開くにはさまざまな準備が必要となります。披露宴や2次会と同様に、誰を招待するか会場はどこにするかなど考慮することが目白押しです。

また、従来の形式を問わないため、ゲストの方に満足できるように友人・知人に司会をお願いすることになります。事前にしっかり準備をおこなうことで誰にとっても最高の1日になるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧