1.5次会・オリジナルウェディングを行う際のプラン・会場選び相談におすすめのプロデュース会社をランキング形式でご紹介!

1.5次会をおこなうメリットとデメリットって何?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/21

結婚式と聞くと、披露宴をおこなってそのあとに二次会を開催するのが一般的というイメージを持っている方もいるでしょう。ですが最近では、披露宴と二次会の間のような形である1.5次会が広まってきています。

興味がある場合には、メリットやデメリットなどの特徴を把握したうえで判断することが大切です。

 

自分たちに合った選択肢を選ぼう

一般的に結婚式では親せきなどを中心に集めて披露宴を開催し、そのあとに親しい友人などの間でラフなスタイルで二次会を開くというケースが多くなっています。両方やらなければならない決まりがあるわけではありませんが、披露宴と二次会の両方をするのは金銭的な負担が大きいということもあるでしょう。

そこで両方開催するのではなく、2つのいいとこどりをおこなった1.5次会を開くというケースも増えてきています。披露宴と二次会の中間地点のようなイメージだからこそ、1.5という数字が使われています。実際に開催を検討する場合には、自分たちの状況に合わせたプランを選択することが可能です。

例えば招待客も親しい友人のみという方もいれば、親せきや会社の上司も含めた大勢の方を招待するということもあります。さまざまなスタイルで開催できるからこそ、招待したい人数やゲストの年代などに合わせてどのようなスタイルが適しているのか考えていくことを忘れないようにしましょう。

内容に関する内容も、料理はフルコースにするのか立食スタイルにするのかなどさまざまな点を自由に選択できます。また招待客同士が歓談を楽しめる雰囲気にする選択肢もあれば、プロフィールムービーなどを多めに上映するスタイルも選べます。豊富な選択肢が検討できるからこそ、自分たちの希望に合わせてどのような会が適しているのか考えていくことが大切です。

 

1つずつメリットを考えていくこと

1.5次会におけるメリットとして、気軽さとフォーマルさの両方の良いところを吸収できるという点があげられます。二次会は気軽に参加できても、披露宴だと堅苦しいので苦手という方も多くいます。そこで気軽さとフォーマルさの間を選択することで、多くの方が居心地よく過ごせる空間を作り出せるというのもメリットの1つです。

また結婚式における問題点の1つがご祝儀に関する問題です。ご祝儀を用意しようと思っても、相手との関係性を考えると少ない額だと申し訳ないと思ってしまう方もいるでしょう。ケチなやつだと思われたくなくて無理をして、自分の生活費まで削ってしまうような方も見られます。

そこでご祝儀に関する問題を解決するための選択肢の1つが、会費制を選択するというものです。会費制であれば、1人1万円というようにあらかじめ金額を設定できます。金額を設定しておくことで、出席する側はご祝儀の額で悩む必要はなくなります。

また主催する側も、出席人数に合わせて集まる会費がわかるのでお金の計算がしやすいのもポイントの1つです。おもてなしのスタイルに合わせて料理の提供の仕方を工夫できるというのも、1.5次会におけるメリットの1つです。出席した方同士が会話を楽しみたいと思っていても、指定席のあるフルコースの料理だと同じテーブルの人以外とは交流しにくくなります。

一方で立食スタイルを選択すれば、出席者同士が積極的に交流できるというメリットが見られます。またプロフィールムービーなどを流したい場合には、指定席スタイルにして落ち着いて映像を見られる環境を作っていくという選択肢もあげられます。披露宴の場合には、お色直しの回数やスピーチなどの時間が細かく設定されていることも多く見られます。

ですがお色直しは面倒だからしたくないなど、結婚する夫婦に応じてどのような希望を持っているかは異なります。2人の希望に合わせて自由に変更できるというのも、1.5次会ならではのメリットです。通常よりもお色直しの回数を増やすこともできれば、あえてずっと同じ衣装でいるという選択も可能です。

ほかにもスピーチや出し物などを工夫しやすいので、自分たちの状況に合わせて判断するようにしましょう。また内容を工夫することで、一般的な結婚式よりも費用を抑えられるという特徴もあげられます。

予算を考慮したうえで、具体的にどのようなプランがいいのか考えていくことが大切です。金額の使い方を工夫することで、金銭面で結婚式をあきらめていたカップルにも式のチャンスが生まれるというのも特徴の1つです。

 

形式を重んじる親戚には不評の可能性もある

披露宴と二次会の良いところを集めた1.5次会といっても、形式を重んじる親族がいた場合には理解されにくい場合もあります。

そこで実際に計画を進める場合には、最初に周りの理解を得るところから始めることが大切です。周りから祝われて2人の新たな門出を迎えるためにも、特に自分たちの両親にわかってもらったうえで選択することが欠かせません。具体的にどのようなメリットがあるのか伝えて、自分たちにとってより良い選択肢を探っていきましょう。

2人の結婚というのは、自分たちだけの問題ではありません。結婚した後にさまざまな面でサポートしてもらう可能性があるからこそ、周りに祝福されて結婚できるようにすることが大切です。

そして周りに協力してもらうための最初の一歩となるのが、2人のスタートとなる門出をお祝いしてもらう機会なのです。自分たちだけが良ければいいではなく、招待する親族などにも納得してもらえるような式にすることが大切です。自分の考えを押し付けるだけではなく、相手の意見も取り入れましょう。

自由度が高いというメリットもあるので、相手側の意見を取り入れた形で式を計画するのも1つの手です。また披露宴だと親戚が中心、二次会なら親しい友人が中心というように招待客をわけられます。

一方で1.5次会だと、親族と友人の両方を招待するというケースも多く見られます。親族と友人の両方を招待する場合、双方に満足してもらうのが難しいというデメリットが生まれます。友人同士だと面白いと思えるネタでも、年配の親族には伝わりにくいということもあるでしょう。一部の方だけで楽しめるものではなく、招待客の年代が幅広いと全員に楽しんでもらえるように工夫するのが難しいというデメリットもあげられます。

1.5次会におけるメリットの1つが、自由度が高いという点です。自分たちの好きなように料理や飾りつけ、プログラムなどを選択できるので工夫することで通常の披露宴よりも費用を抑えられます。

しかしこだわりが強い場合だと、披露宴のほうが安いという結果になってしまう可能性もあります。費用を抑えることが目的なのであれば、最初に予算を決めてその中で工夫していくことを忘れないようにしましょう。限られた予算の中でも、工夫次第でこだわりを詰め込んだ形を実現することは可能です。

 

披露宴と二次会の間をとったような形である1.5次会に注目しているという方も多く見られます。実施するうえでのメリットの1つが、自由度が高いという点です。例えば会費制の選択やプログラムの内容など、自分たちの希望に合わせて自由に決められます。

特に会費制を選ぶことで、予算に応じてプランを決めやすいのも特徴の1つです。一方で1.5次会は、形式を重んじる方には理解されにくいこともあるので注意が必要です。理解してもらったうえで式をおこなうためにも、特徴を説明して周りに祝われる形を作っていきましょう。

またこだわりすぎると予算オーバーになるので、お金の問題はよく考えて計画を立てることが大切です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧