1.5次会・オリジナルウェディングを行う際のプラン・会場選び相談におすすめのプロデュース会社をランキング形式でご紹介!

1.5次会の料理スタイルはどういうもの?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/21

結婚式に招待されるゲストにとっては、何よりも食事に関心が集まります。せっかくご祝儀を包んでも、味が落ちていたり、品数が少ないのは残念です。

だからこそ、自由化でウェディングパーティーができる1.5次会での味わい、スタイルに関心が集まっています。

 

さまざまなスタイルを提供してくれる

まず、どんなウェディングも実現可能とするのが、披露宴よりも堅苦しくない1.5次会で、おもてなしにこだわりたい新郎・新婦から選ばれています。何より、いろんな会場から選べる魅力があり、海辺の会場、都心の一等地であったり、庭園でケーキサーブをしたりなど、オリジナルウェディングの要望もヒアリングし、専属プランナーが適した会場をピックアップしてくれます。

また、1.5次会をプロデュースする会社のなかには、自己負担0円でのウェディングパーティーを実現させてくれるところもあります。そんなことができる仕組みとしては追加料金の有無にあります。結婚式の費用というのは、打ち合わせを進めていくにつれ、あれもこれもと、欲望に赴くままに取り入れたい事柄が増えてしまい、最初に見積もりで出ていた金額との差が開きます。

その1つが、おもてなしする食事のグレードアップなのです。1.5次会専門のウェディングプロデュース会社では、イメージしていたもの以上の1日を提案してくれますが、追加料金までもしっかり考慮しましょう。

従来の披露宴と比べて【1.5次会の料理スタイル】に関して気にならない人はいないのではないでしょうか。披露宴ほど堅苦しくないのなら、質が落ちるのではないのかという心配もあるかとも思います。結婚式のなかでも一番のウェイトを占めているのが食事で、こだわりたい部分に挙げる新郎・新婦も多いようです。

お料理や飲み物は基本的にはレストランや結婚式場から提供されるため、そこにこだわると料金も心配になります。もちろん、1.5次会の料理スタイルからいえば、自由に持ち込めたり、新郎・新婦のこだわりの食材を用意できる、こうした会場もたくさん用意できます。重要視すべきはメニューよりもゲストへの配慮です。

アレルギーに対応した提供ができるのか、また、妊婦さんや高齢者、お子さんにも対応することができるのか、こうした点に着目してみましょう。披露宴では通常、コースでのスタイルですが、今は柔軟性もあり、ビュッフェスタイルも提供されているようです。

 

和食や洋食のフルコースが用意できる

1.5次会をおこなう人というのは、親族だけでの会食をしたい人であったり、身近な友人数名を招待したい、こうした小規模でのお披露目を目的としています。そうした場合には、比較的コース料理スタイルが提案されます。

もちろん小規模だけでなく、ゲストに仕事関係者が多い場合などでは、着席したコースがおすすめされています。年齢が高いゲストが比較的多いのなら、従来の披露宴スタイルを好む傾向にあるからです。

自由度の高さもあるので、時季のイベントにちなんだコースを提供することも可能で、例えばバレンタインデーにちなんで、チョコレートをステーキのソースに使ってみることも可能です。試食会などのフェアなども開催しているケースもあり、事前に味わってみるのもおすすめです。

比較的に選ばれるのは、折衷料理といわれますが、洋食や和食も人気を集めています。和食であれば高齢者にも馴染みやすく、箸を提供できたり、食べやすいサイズで目でも舌でも満足できるようです。先付けからはじまり、椀物やお造り、焼き物や揚げ物、蒸し物と続き、お口直しがあって、ご飯や水菓子というコースに仕上がっています。

洋食ならば、前菜からはじまり、スープに魚または肉というメインがあり、チーズやフルーツ、デザートなどが提供され、平均品数は9品から10品ほどです。ちなみにゲスト1人あたりの費用は15000円です。和食ならば、料理長の腕がポイントですが、減塩であってもダシや素材そのものの甘みを引き出す調味料にもこだわっています。

例えば、朝採れ野菜や卵の旨味を生かすだけでなく、その色味も生かすことに努めます。湧き出る斬新なレシピ、選ばれた調味料、確かな技術を最大限に生かしてくれます。特に和食は、海外挙式をおこなった新郎・新婦に人気があったり、国際結婚をする新郎・新婦から人気を集めています。

お品書きにも目を向けてみれば、料理長の実筆であることも付加価値に値します。ちなみに、多くの場合にはアルコールが用意されています。二日酔いにならないように、食べながら飲むこと、二日酔いになりにくい素材が使われていることもあり、それこそが食事を大いに楽しむゲストへのおもてなしではないでしょうか。

 

ビュッフェスタイルなら皆が楽しめる

1.5次会のスタイルに増えているのがビュッフェスタイルです。比較的ゲストに同年代の友人が多く、若いゲストにおすすめされています。ビュッフェスタイルでも、着席と立食から選ぶことが可能で、ビュッフェスタイルに慣れていないかたもいると思うので、落ち着いて舌鼓できるように着席スタイルがおすすめです。

自由度の高さがウリですから、パンビュッフェやデザートビュッフェを提案することもできます。友人がパン職人であったり、パティシエであるなど、友人の手作りを出すリクエストにも応えられる持ち込みも可能です。

もちろん和洋折衷提供できますが、パンビュッフェでは、パンだけで楽しめるもの、お料理に合わせたもの、飲み物に合うものなど、さまざまな提供方法が選べるのもウリです。パンがおいしい、サンドするものがおいしいなど、会話に華が咲きます。

選ぶ楽しみを残すことも大切で、飲み物はバーカウンター形式にすることもできます。ワインのみならず日本酒なども提供されますし、フルーツビネガーなどの健康や美容にちなんだ飲み物、メニューが提供されます。

レストランや披露宴式場にお願いするだけでなく、アレンジしてみたり、持ち込んでみたり、ウェディングプロデュース会社によるプランナーから用意できるものもあります。もちろん、会場側の設備や安全上の問題などで持ち込めない場合もあるため、事前に気になっているレストランや会場があるのなら、チェックしておきましょう。

立食スタイルは、会話を楽しみいろんな方と交流できるのがメリット、新郎側の招待客も新婦側の招待客と接点ができ、意気投合してカップルに発展する可能性も無きにしも非ずです。使用済みのお皿やグラスは、サイドテーブルのうえでなく、スタッフが頻度よく回ってくれるので食べ残しや散らかす心配のあるお子さんとの食事でも安心できるのではないでしょうか。

もちろん、好きなものだけを取ることができるから、好き嫌いの激しいお子さんにも好む味があるはず、新郎・新婦は品数豊富にプランニングすべきです。また、一口サイズでの提供であれば、食べ残しを防ぐことも、盛りつけのしやすさもあります。

何より、シェフや料理長によるライブパフォーマンスを取り入れることさえ可能で、焼き窯を用いる熱々のピザ、アルコールで炎を表現したステーキを目の前で焼いてくれるパフォーマンスは圧巻です。焼き加減も1人1人のリクエストに対応できるのは、ビュッフェならではです。

 

1.5次会の食事には、和食から洋食、和洋折衷のスタイルまでがあります。もちろん、テーブルマナーとしては着席スタイルが提案されていますが、会話が弾むように立食スタイルも自由度の高さから可能にしています。

どういうゲストを招待するのか、この点に着目してみれば、自ずとどのようなスタイルが適しているのかが把握できます。ご祝儀を包むゲストにとって、満足できる味と見た目、5感で楽しめることが大切なようです。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧